協働

一緒に行動します。

上から目線で指導や指示などはしません。

家事・育児を代行するのではなく、一緒に家事・育児をする「協働」を行うことで、自然に子育ての自信つけ、親として成長できるようにします。

一緒に行動する「協働」で、子育て中の親の精神的負担を軽減し感情の安定を図ります。 私たちの事例では、「以前は、子供を激しく叱ってばかりいて、手を上げることもありました。訪問を受けてからは、穏やかな気持ちになり、子供を叱らなくなりました。子育てが楽しくなりこの子を生んで本当によかったと思えるようになりました。」とうい感想も寄せられています。

一緒に子ども家庭支援センターにでかけたりする「協働」で地域とのつながりをつくっていきます。

▲このページの先頭へ