ホームスタートとは?

ホームスタート(HS)とは、6歳以下の子供がいる家庭にボランティアが訪問する、イギリスで始まった「家庭訪問型子育て支援」です。ホームスタートの活動が行われている国では、虐待予防にも大きな効果を発揮し、政府や自治体の子育て支援策の一つに位置付けられています。

「親が親をサポートする」HSホームビジター(ボランティア)は、子育て経験のある人が大半で、HSホームビジター養成講座を修了した人です。ビジターは、訪問を希望する家庭へ週1回2時間程度無償で訪問します。滞在中は、友人のように寄り添いながら「傾聴」(話を聴く)や「協働」(一緒になにかをする)などの活動をし、親が心の安定や自信を取り戻す支援を行います。また、地域へと踏み出して他の支援につながるきっかけづくりを応援します。

ホームスタートの特徴は、各地域組織(HSスキーム)に運営の要となるHSオーガナイザーがいて、利用家庭のニーズ(要望)を聴き、利用家庭とホームビジターのマッチング(紹介)を行ったり、ビジターの悩みや問題を解決するサポートを行ったりしていることです。また、医師や弁護士や助産師や教師などの専門家も交えた運営委員会を設け全体を支え、専門機関との連携も図って、安心・安全に運営されていることです。更に、質の高い支援活動ができるように様々なツールやシステムが開発しており、第3者機関の評価も頂いて絶えず改善策を講じながら質の担保に努力しています。

イギリスのホームスタートと世界への広がり

「英国ホームスタート」は、30年以上続いているイギリス最大の子育て支援ボランティア団体で、現在イギリス国内に340ケ所以上のHSスキームが存在し、約2万人のボランティアが活動しています。

訪問家庭のニーズは、「社会からの孤立解消」61%、「心の安定・不安解消」61%、「地域の子育て情報取得」41%、「親としての自信回復」41%となっており、日本の現状と類似しています。そして、孤立を訴えていた家族の94%がホームスタートの訪問で解消されたと感じているとの報告がなされています。また、現在、ホームスタート活動は世界23ケ国で実施されており、広く国際的にその有効性が評価されています。

HSインターナショナルでは、各国の組織間でノウハウを共有し、支援の質の向上を図るための様々な機会が提供されています。

ホームスタート・インターナショナルのHP
http://www.homestartinternational.org/

HSホームビジターとは

家庭訪問をして子育て支援をするボランティアのことをHSでは、ホームビジターとよんでいます。ホームビジター養成講座を受講し、修了した方がホームビジターになることができます。

ホームビジターは、週1回2時間家庭訪問をして「傾聴」「協働」中心のボランティア活動を行います。

江東区では、毎年約4000人の赤ちゃんが誕生します。出産前後は、誰でも助けを必要としています。ホームスタートで、産じょく期の孤立した子育てをなくし、親子の笑顔を実現することができます。ボランティア(ホームビジター)が足りません。あなたの力を、是非お貸しください。みんなのハッピーライフの実現のために!是非私たちと一緒にホームスタートを広めていきましょう。

ホームスタートで、人生のスタートを最良に!
「安心」「自信」に満ちたものに!

あなたも、子育て中の親子を応援しませんか。

▲このページの先頭へ